ウェイトトレーニングとは?

DSC02325

一般的ウェイトトレーニング

ウェイトトレーニングとは、主にダンベルやバーベルなどのトレーニング器具を使用して身体の各部位を鍛えて行くトレーニングを指します。

o0480048012474231032

目的や体格、体調などを考慮しながら適切に筋肉へ負荷をかけていきます。そうすることで、筋肉の量が増え(=筋肥大)、基礎代謝量の向上や血流状態の促進などが起こっていきます。

適度にウェイトトレーニングを行うと引き締まった身体を手に入れる事に繋がるので、ボディメイク、ダイエットを目的とする人に多く認知されています。

また、膝や股関節などの痛みについても下半身の筋力不足などで引き起こされることが多くの研究論文で明らかになっています。40〜50代あたりから増え始める膝を中心とした節々の痛みや違和感の改善にも、ウェイトトレーニングは効果的なものとなっています。

 

Master Mindのウェイトトレーニングの特徴

Master Mindでは、ウェイトトレーニングの中でも特に重要な『スクワット』を重点的に行います。

t02200304_0550075912669485115

理由として、スクワットは数多あるトレーニング種目の中でも【キング・オブ・エクササイズ】と言われる程に効果的な種目になっています。また、数多くの筋肉を動員できるエクササイズなので、全身のバランスが悪いと上手くフォームを作る事ができません。使用する関節も股関節、膝関節、足関節と多く、しかもそれぞれが協調してスムーズに動かなくては行けません

このそれぞれの関節の動きがギクシャクしてくると、各部位の痛みや違和感へと繋がってしまうので徹底して動きの改善をして頂きます。今現在、腰や股関節、膝、足首などに痛みや違和感のある方も適切なコンディショニングを行った後に出来る範囲で行って頂いております。動かしながらしっかりと筋肉と脳(=運動パターンの修正)に正しい刺激を入れていけば状態の向上へと繋がりますし再発もしにくいのです。

女性のお悩みやオーダーで多い『お尻の引き締め』『ヒップアップ』『腰のキレイなライン』『太ももの引き締め』などはしっかりとした『スクワット』を行う事で解決が可能です。

20141013_833312

左がNoスクワットのお尻、右がスクワットを行っているお尻です。

一概には言い切れませんが、スクワットなどのしっかりとしたウェイトトレーニングを行っている方のヒップや脚のラインは非常に引き締まっていて美しくなります。

*その他の種目のウェイトトレーニングに関してもご希望に合わせて行っております。

ムキムキにならないの?

ウェイトトレーニングというとムキムキの人がするイメージをお持ちの方(特に女性)が非常に多いですが、ムキムキになる事は非常に大変です

こちらの写真の方はムキムキでしょうか?価値観は様々ですが、おそらく相当なトレーニング量と期間をこなして出来上がった体型だと思います。そうまでしないとここまでのスタイルは手に入りません。

20120709112409-girl-Medium

 

Master Mindにもモデルの方や美容関係者などが多数いらしていますが、皆さんしっかりとスクワットを行って美しいスタイルをキープされています。

そもそも、女性の方は女性ホルモンの関係で筋肉をつける事がより難しい体質なのです。女性は出産ができる為に、男性に比べて筋肉量が少なく脂肪が多いという体質になっていますので意識的にしっかりとウェイトトレーニングを行わないとどんどん筋肉が衰えていきメリハリの無い身体になってしまいます。

特に女性に多いのは閉経後の骨粗鬆症。その大きな原因は筋肉量が少なく骨に適度な刺激が加えられない事と言われています。故に、若い頃からしっかりと筋肉に刺激を入れるウェイトトレーニングは必須といえます。(40代以上の方は急務です!)

健康的で美しいスタイルの獲得と年齢を重ねてもしっかりと自分の脚で若々しく闊歩できるようにする為にはウェイトトレーニングは必須事項と言えます。

オーダーメイドの安心感

Master Mindでのウェイトトレーニングは、全て経験豊富なトレーナーとマンツーマンで行って行きますので、あなたの目的や目標、その日の体調、気分などによって随時相談しながら運動強度や種目を決定して行きます

6a7612_34ed4a75dab540699e2df624115dd890.jpg_srz_1363_955_85_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

トレーナーからの押し付けのメニューではなく、全てクライアントと相談しながら種目の提案を行います。なぜその種目を行うのか?なぜ今のあなたにこの種目が必要なのか?(必要じゃないのか)などを必ずご説明して進めています。

しっかりとご自分で主体的にトレーニングやお身体と向き合って頂きたいという想いから、少々時間はかかってしまうかもしれませんが、説明をしっかりと行いながらのセッションとなります。勿論、慣れてくれば皆さんどんどんテンポよく種目をこなせる様になります。