お肌と紫外線対策について


連日暑い日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

パーソナルトレーナーの鈴木です。

素麺やうどん、水分ばかりで夏バテしていませんか?

ここまでこちらのコラムでは、お肌の全体像、表皮について見てきましたが、今の時期、特に気になるのは紫外線?

今週、来週末あたりが海に出かけるのもピークでしょうか?
曇りでも油断できない紫外線・・・
7~8月の紫外線量がやはり多いです。(5月から紫外線量はジワジワ増えてます!)

ということで今回は、お肌の夏バテ対策(紫外線対策)についても書いていきたいと思います。

前回のおさらい


表皮において

キメや透明感、小じわ対策には角質層

ターンオーバーやシミ、くすみ対策には基底層

でしたが
表皮の中で紫外線の影響を特に受けるのは基底層

それは何故かというと基底細胞の間にはメラノサイトが点在し、紫外線を浴びるとこの細胞内でメラニン色素が生産され、シミやくすみが発生するからです。

 

紫外線


 

ここで、紫外線について見ていきたと思います。

紫外線は大きくUV-A波UV-B波に分かれますが、5月の紫外線量が多いとはオゾン層でほとんど吸収されないUV-A波の事を指すようです。
(日本では春先がオゾン量が多くUV-B波はオゾンに吸収されやすいため)
UV-A波、UV-B波による日焼けの特徴を簡単に書くと

・お肌に炎症を起こさせるUV-B波

・お肌を黒くさせるUV-A波

 

unnamed

もう少し詳しくみていきます。

【UV-B波】
UV-B波はUV-A波に比べて波長が短く、その大部分は表皮までしか届きません。なので影響があるのも基本的には表皮だけなのですが、そのパワーはかなり強烈。
皮膚に炎症を起こして赤くする力がUV-A波の1000倍近くあるので、皮膚が赤くなってヒリヒリする、水ぶくれができるなどの激しいサンバーンを引きおこします。
僕(色白の人)が毎度苦しむのがUV-B波によるサンバーン=赤くなるやつです。

【UV-A波】
基底層に達したUV-A波に刺激されたメラノサイトは、メラニン色素を大量生産。表皮中に黒い色をばらまいて肌を褐色にするサンタンを進めます。
サンタンにはサンバーンのようなはれや痛みはありませんが、メラニン色素が多すぎるとシミができやすくなってしまいます。

 

また、UV-A派は真皮にも届くので、コラーゲンやエラスチンにも悪い影響を与えます。
UV-Bほど激しくはないものの、深く静かに肌ダメージを進めるのがUV-Aの特徴です。

では具体的に紫外線対策はどうしたらよいか?

というと多く聞くのが

・日焼け止め
・ビタミンC

ここについてもポイントがあるのでそれぞれみていこうと思います。

 

日焼け止め


 

先ず、日焼け止めについての基本的なところとして
日焼け止めには、紫外線の防御力によってランクがあります。
その目安が「SPF」と「PA」

SPFはサンバーンを起こすUV-B波を防ぐ力

PAはサンタンを起こすUV-A波を防ぐ力を表したものです。

SPFやPAの値が高いほど紫外線はよく防げますが、しかしその分肌への負担も増えます
使用シーンによってSPF、PA値は気にしていきたいところです。

large_12323_2

ビタミンC


 

次に、ビタミンCにおいて
ビタミンCにおいては化粧水や美容液に含まれているビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えるといわれています。

 

しかし、ここで思い出してもらいたいのは皮膚は基本的に排泄器官だということ。
言われていると表現したのはここに理由があります。

 

では、飲む(摂る)ビタミンCが良いのか?
というところですが

 

一般的にビタミンCが多く含まれている柑橘系フルーツに注意です。

柑橘系フルーツに含まれる「ソラレン」

なんと!シミの原因??といわれています。

15a28f10cd6126973ffaa0b4e2e1d3ed

ビタミンCと言えば柑橘系フルーツ。健康や美容のために、毎日オレンジやグレープフルーツを食べている人は多いですよね。

しかし、美白効果を期待して毎朝オレンジを食べているにもかかわらず、肌が明るくなるどころかシミが増えてきたという人も少なくないようです。

 

実は柑橘系フルーツは、朝食べることでシミを作りやすくしてしまう作用があるそう…

 

ビタミンCが豊富な柑橘系フルーツなのに、なぜそのようなことになるのでしょうか。

柑橘系フルーツにはソラレンと呼ばれる光毒性物質が含まれており、紫外線の感受性を高めてしまいます。

 

朝、外出前に食べる柑橘系フルーツによってシミやそばかすができやすくなるのは、このソラレンが原因で、その働きは7時間も持続するといわれています。

ソラレンは柑橘系フルーツのほかにも、野菜にも含まれているので注意が必要です。

ビタミンCは吸収と排泄の関係から、食べて3時間後にその効果が最大になるため、一度にまとめて摂るよりも、1日数回に分けて摂ることが良いとされています。

 

数時間おきにビタミンC を摂るとなると面倒ですが、3度の食事の際に摂ることで体内のビタミンCを一定に保つことができると同時に、食事時だと血中濃度が上がるというメリットも得られます。

 

このようにビタミンC は1日に数回摂ることが理想ですが、それが難しい時は、夜寝る前にビタミンCを補給しておくと良いようです。

gf2160257903l

睡眠中は排泄機能が眠った状態にあるため、ビタミンCが長い間体内に留まり、その効果を最大に発揮します。朝はNGとされる柑橘系フルーツも、夜なら安心して摂ることができます。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンにビタミンCが加わることで、コラーゲンの合成が促され美肌効果にも繋がります。

これらのことから、夜のビタミンCは習慣になるように心がけたいですね。

 

まとめ


 

結局のところ、お肌のためには紫外線を浴びないのが一番。

でも、全く日に当たらない生活なんてできません。

シミや日焼けに悩んでいる方は、日焼け止めクリームなどのスキンケアと同様に、ビタミンCを含む食材や摂るタイミングを賢く選んで美白効果をアップさせてはいかがでしょうか?

この夏は体の中からの美肌対策で、透き通った明るい肌を目指しましょう。

夏の対策は紫外線だけじゃない!

オフィスの乾燥にも注意!

ということで次回は

〜角質層と保湿について〜

 

パーソナルトレーナー 鈴木雅哉

鈴木トレーナーへの出張トレーニングのお申し込みはこちらの<<予約フォーム・お問い合わせ>>からお待ちしております☆

料金などはこちらの<<コース料金表>>をご覧下さい。

 

 

無料相談&ご体験など


Master Mindでのトレーニングにご興味をお持ち頂いた方は、30分の無料相談や45分の体験トレーニング(5,000円)にお申し込みください☆

トレーニングやお身体、体調等の疑問や不安な事を何でもご相談ください!

出来る限り皆様の抱えている不安を無くした状態でトレーニングをスタートさせて頂ければ嬉しく思います。あなたの理想や考えにMaster Mindの理念や指導方法がマッチするのかを、ぜひお話しやご体験をしながらご判断ください。

無理な勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください(笑)

ご予約・お問い合わせはコチラの<<予約フォーム>>よりお願い致します☆

 

質問・疑問募集コーナー


今後、皆様の美容や栄養、ダイエット等の素朴な疑問、質問がありましたらぜひ下記までお寄せ下さい!

読者の皆様の『生の声』を可能な限りコラムや記事に反映させていき、皆様と共により役に立つコンテンツ・参加型のサービスを創って行ければ大変嬉しく思います。

LINE@もスタートしています!

下の友達追加をクリックして頂き、【@mastermind】で検索してぜひ友達登録をお願いします!トレーニングや栄養、健康、美容などについて随時情報発信しています☆LINE@登録者限定の情報やサービス等もあるかも?です!!

友だち追加数