前回までのおさらい


 

UV-A派は真皮まで届きコラーゲンやエラスチンに悪影響を与える

コラーゲンやヒアルロン酸は保湿成分?

 

美肌の鍵は 表皮

 

と、お肌のキメや透明感を担っていたのが表皮でしたが

真皮はハリや弾力を担っていて、たるみやシワ対策にはとても重要です。

ということで今回は真皮についてみていきたいと思います。

 

真皮


 

先ず
真皮の約70%を占めるのがコラーゲンです。

肌においてはハリや弾力の要となるのでよくベッドのスプリングに例えられます。
unnamed
他にも真皮にはエラスチン(コラーゲンを補強)ヒアルロン酸(コラーゲンの間を埋める)なんかが含まれます。

unnamed

紫外線は日焼けだけでなく、UV-A波は真皮まで届きコラーゲンやエラスチンを壊します

そうして弾力を失った肌はたるみや溝ができてしまいシワになってしまうのです。

また、ニキビ潰しなどのように真皮層までの傷は瘢痕化し残ってしまうので注意!

 

僕の美容の師匠の格言ですが

 

『触らぬニキビに祟りなし』

です。

 

コラーゲン神話


そしてまだまだ都市伝説としてはびこるのが

 

コラーゲン食べたから明日は肌がプルプル』です。

 

まず、コラーゲンはタンパク質の一種だという事を知っておいてください。

つまり、飲むコラーゲンもお鍋のコラーゲンボールも豚足やすっぽんもタンパク質として摂取し、1度アミノ酸に分解されてから必要な組織に再合成されます

髪、骨、血管、軟骨や靭帯にもコラーゲンは含まれていますので全部が全部肌のコラーゲンにはならないのです(むしろ優先順位は低い?…)
次に、
化粧水などに含まれる塗るコラーゲン。

こちらはそもそも役割が違い、弾力ではなく保湿成分として含まれています。

同様に保水力が高いヒアルロン酸(1gで6ℓ)も届くのはお肌の奥…表皮の角質層の保湿がメインです。

飲むコラーゲン、塗るコラーゲンがそのまま真皮のコラーゲンにならないのは理解いただけたでしょうか?

 

お肌のコラーゲンを増やすにはどうしたらよいか


それはコラーゲン、エラスチンの生産工場の繊維芽細胞(上の画像参照)の活性化と栄養素の摂取です。

繊維芽細胞の活性化には真皮層まで届く赤い光のフォトフェイシャルなどの美顔器がオススメです。

しかし、それ以上にお肌はタンパク質でできていますので、食事においてタンパク質はもちろんの事、コラーゲンの生成には亜鉛やビタミンCなどの微量栄養素の摂取が必要となってきます。

・真皮は何でできているか?
・肌のハリや弾力を保つ為には?

とみてきましたがご理解いただけたでしょうか?

表皮に続き、真皮においても食事の大切さがでてきましたが、
美肌づくりには外側からのケア2割、内側からのケア8割くらいだと個人的には思っています。

ということで次回は美肌づくりの為の食事とは?〜について書いていこうと思います。
ですが、気になる内容があればそちらの内容を優先して書こうと思うので下記よりドシドシお問い合わせください!

 

パーソナルトレーナー 鈴木雅哉

o0480032213340936963

鈴木トレーナーへの出張トレーニングのお申し込みはこちらの<<予約フォーム・お問い合わせ>>からお待ちしております☆

料金などはこちらの<<コース料金表>>をご覧下さい。

 

無料相談&ご体験など


 

Master Mindでのトレーニングにご興味をお持ち頂いた方は、30分の無料相談や45分の体験トレーニング(5,000円)にお申し込みください☆

☆8月31日までの期間限定で【体験料金無料キャンペーン中】です!!

トレーニングやお身体、体調等の疑問や不安な事を何でもご相談ください!

出来る限り皆様の抱えている不安を無くした状態でトレーニングをスタートさせて頂ければ嬉しく思います。あなたの理想や考えにMaster Mindの理念や指導方法がマッチするのかを、ぜひお話しやご体験をしながらご判断ください。

ご予約・お問い合わせはコチラの<<予約フォーム>>よりお願い致します☆

質問・疑問募集コーナー


 

今後、皆様の美容や栄養、ダイエット等の素朴な疑問、質問がありましたらぜひ下記までお寄せ下さい!

読者の皆様の『生の声』を可能な限りコラムや記事に反映させていき、皆様と共により役に立つコンテンツ・参加型のサービスを創って行ければ大変嬉しく思います。

 

LINE@もスタートしています!

下の友達追加をクリックして頂き、【@mastermind】で検索してぜひ友達登録をお願いします!トレーニングや栄養、健康、美容などについて随時情報発信しています☆LINE@登録者限定の情報やサービス等もあるかも?です!!

友だち追加数