ラティスとは?


 

1900年初頭にドイツ人の看護師ジョセフ・H・ピラティス氏によって考案されたエクササイズで、元来負傷兵達がベッドの上でできるリハビリとして開発されたメソッドです。

一般的な筋力トレーニングと違い、呼吸を重視し、負荷をかけるのではなく自身の体重を利用し、筋肉のバネ作用で身体を動かすことで関節や筋肉に余分な負担をかけることなく、身体の奥にある小さな筋肉(インナーマッスル)から表面にある大きな筋肉(アウターマッスル)まで左右のバランスを整えながら全体的に鍛える事ができます。

適切に身体を使う技術を覚えることで姿勢や歪みなど身に付いた悪い癖を修正し、しなやかで柔軟かつ、強くバランスの取れた身体へ近づけていけます。

 

創始者 : ジョセフ・ピラティス氏

 

about_img21

images (1)

 

 

スターマインドのコンディショニングピラティスとは?


 

自分の身体を適切にコントロールする技術を得ることはもちろんのこと、

 

『自分の身体の状態を感じる力』

を養い、向上させることでその時々の自分の状態に合わせて、最善の姿勢やポジションに持っていく事ができるようになります。

その結果、痛みやストレスのない伸びやかで動きの出せるしなやかな身体を獲得します。

 

現在のピラティスは体幹やコア、インナーマッスルの強化など、特にお腹を凹ます為のトレーニング方法として広まっている様に感じます。

 

istock_000018395424xsmall

 

しかし、現代の生活の中で忘れてしまっているのはお腹の深層筋群だけでなく、お尻の筋肉群、足底の筋肉群などに及び、これらが適切に使える様になることは、使い過ぎている部分への負担を軽減し、痛みの改善など日常動作をより快適に導くことにつながります。

 

また、人は生まれた時から今に至るまで

 

仰向け→横向き→寝返り→うつ伏せ→四つん這い(ハイハイ)→立位

 

を経験してきます。

 

コンディショニングピラティスではこういった発育発達の過程に則して、適切な動きを再学習することで無理のない効率的な動きの習得を目指します。

このように自分の身体を適切にコントロールする技術を得ることは可動域の改善、安定性の向上へと繋がり、最善な身体の状態であることは普段されているトレーニングの質の向上、パフォーマンスアップの向上へつながります。

 

 

ラティスで出来る事


 

・身体の左右差+歪みの改善

・猫背の改善

・反り腰の改善

・肩凝りや腰痛の緩和、改善

・余計な力みからの解放

・怪我の予防

・疲れにくい身体

・呼吸機能の正常化

・睡眠の質の向上

・日常動作が楽になる

・メンタルストレスの軽減

…etc

 

特にMaster Mindでの『コンディショニングピラティス』では、ピラティスのムーヴメントを覚えるだけでなく、自分の身体をコントロールし、自ら身体を整える事ができる様にひとつひとつのムーヴメントをお伝えしている事も大きな特徴です。

 

 

料相談&ご体験など


 

Master Mindでのトレーニングにご興味をお持ち頂いた方は、30分の無料相談や45分の体験トレーニングにお申し込みください☆

 

トレーニングやお身体、体調等の疑問や不安な事を何でもご相談ください!

 

出来る限り皆様の抱えている不安を無くした状態でトレーニングをスタートさせて頂ければ嬉しく思います。あなたの理想や考えにMaster Mindの理念や指導方法がマッチするのかを、ぜひお話しやご体験をしながらご判断ください。

 

ご予約・お問い合わせはコチラからお願い致します☆

 

>> 予約フォーム <<

75898_498137430295698_1041155764_n